みんなの投資で、
街の未来と人生を創る。

JRDの不動産クラウドファンディング(iRD)REAL ESTATE SMALL-LOT PRODUCTS

不動産投資のロマン。それは着実な収益性はさることながら、
投資した資産形成不動産が、住む人や周りの人の生活に溶け込み、その街や人々の未来をつくることが醍醐味です。

不動産オーナーが得る収益と感動を、少額で安心、気軽に始められる新しい投資のスタイル。
それが、今注目の不動産クラウドファンディング、iRD(イルド)です。

iRDは、ひとつの不動産を小口に分けて複数の出資者から資金を募り、そこで得た家賃を出資者に還元します。
そのため直接投資ではハードルが高い、優良物件の投資に少額で参加できます。

さぁ!みんなで、住む方の満足と街の景色を創る、選りすぐりの物件に、一口10万円から、大家さんになってみませんか?

都内一等地に、優良物件を提供し続けるJRDからのご提案です。

01.賃貸需要の⾼い物件が投資対象

東京では単身者世帯が年々増加しており、将来にわたってもワンルームマンションの需要は高まっていくと考えられています。都市別空室率の低さで日本No.1の東京ですが、その中でも設備が良く利便性の高い、賃貸需要の高い物件を小口化します。

運用中物件
  • 02.最低10万円〜、少ない金額で優良物件に投資が可能

    まずは優良物件への投資への入り口として、少ない金額で不動産投資を始めることが可能です。安定した賃料収入を得ながら、分散投資ができます。
    出資に手数料がかからない、劣後割合が高い、スキームコストが低い、という好条件で、23区内の駅から徒歩10分以内といった賃貸需要の高い優良物件へ10万円から投資が可能です。

    ※高田馬場Ⅱプロジェクト

  • 03.お客様の安心のための商品設計

    iRDでは、原則として劣後割合を40%以上と高く設定しております。これにより、運用期間中の売却損が発生した場合に、投資家の皆様の優先出資が毀損するリスクを低減しております。
    またiRDでは賃借人とJRDグループがサブリース契約を締結した物件を募集の対象としており、賃借人の家賃不払いや空室による分配金の毀損リスクをミニマイズしております。

  • 04.四半世紀の実績で培われたJRDの運用ノウハウ

    JRDは購入、経営、継承、組み換え等、投資家の全てのステップにおいてお役に立てるよう、事業を展開しています。
    税理士事務所やファイナンシャルプランナーと連携し、常に投資家の皆様一人一人に寄り添い、戦略的な資産形成を行えるようサポート致します。

    JRDの分譲・供給実績(2021年8月時点)
    125 5019
    業界トップクラスの賃貸入居率(2020年7月時点)
    入居率97.8
お知らせ一覧